FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【その他】もしもの時の連絡網

突然の悲報が入ってきて驚き。
赤ブーにいて、そうさく畑の主催でもあった武田さんが亡くなった。
その話はまたたく間にネットに流れていき、ニュースにもなった。
武田さんのことは、私が一方的に知る存在で、向こうからしてみればイベントに参加している一人にすぎない。

コミケに申し込むようになってから、赤ブーの存在を知って、参加するようになったけど、
その後にコミティアの存在を知ってからは疎遠となりました。
オリジナル、それも小説をオールジャンルで売るっていのはただ参加するだけではどうしようもなく、
売るための何をしなくてはいけない。
その何かは未だにわかっていないが、そうとう難しくてこなせないと参加しなくなったのが理由。

コミティアのイベントに参加するようになり、なんとなく顔見知りとなり、人外部を経由して知り合いが増えた時に
関西にも行きたいなって言ったのがきっかけ。
頻繁に来られないなら、そうさく畑がいいよ。
あれ1年に1回の開催だし、主催の武田さんが小説に力を入れているので、合っていると思うよ。
それで参加するようになった。
初参加は最後の神戸、翌年は大阪に移り、そしてインテへ。
しかし、インテになってからは趣旨が変わってしまったために、いつものそうさく畑じゃない。
こんなのそうさく畑じゃないよ!
あの武田さんの「ご町内の皆様〜」って言葉が聞きたいのに。
回覧板もなくなって、何度も開催するようになったため、
遠征費がかさむことでインテになってからを最後に参加することはなくなった。

あのイベントの空気はよかった。
いくつものイベントに参加したけど、一番参加したいと思うイベントだった。
イベントって主催さんの色が反映されていて、私にとってはすごく相性のいいイベントだった。
赤ブーを辞めて、地元の大阪に帰ってしまった時、そうさく畑は持って行くとの話に時間はかかるけど、
復活はすると思う、いつまでもまっていようとは思った。
だけど、それは開催されずに終わってしまうのかと思うと悲しい。

悲しいと思ったが…。
実は、先日の関西コミティアで知り合った方が動いていたのを知る。
自分が動くので教授してほしいと連絡を投げていたのだけど、亡くなる数日前で返事はなかったみたい。
ツイッターで、イベントをするのに詳しい人を知りませんか?って流れていた。
もしかして…動く?
もしかしたら…。
小さな希望。

自分も手伝いはできるのか?
いや…やめたほうが…。
そう思うのは、過去に50人クラスの飲み会のお手伝いをやったら、一部暴走。
それにキレる。
それ見ていた主催がさらにキレてしまい、なだめるのに必死。
まぁ、会社の飲みでしたけど、もうそれっきり大人数のイベントの手伝いはやめように決定。
そして地元ではないから、関東に住んでいる自分に何ができるのかもあるしね。
毎年、4月の第一日曜日が開催(都合で3月最終日曜日だったこともあり)だったから
今度の春に追悼そうさく畑なんてできたらいいのになーは願望。
見ている側の勝手な願いです。

さて、武田さんの悲報はネットを通じて、一方的に知るだけの人にも伝わった。
だから、イベント参加をしている同人をやっている人達にはほぼ伝わったと思う。
それほど有名人であるから。
大分前から思っていたこと、それは何でもない私が死んでしまったら、である。
スマホに登録していあるアドレスから連絡を取れる人はありかもしれない、
けど、交換していない人は?
親と離れて暮らしているし、一人身で一人暮らしの私。
死に方はどうでもいいが、ちゃんと知らせたい人はいる。
確実に連絡するにはどうしたらいいものか。
と、話をしたら。

連絡したい人のリスト作っておけ、私が連絡する!

ってカイア嬢に言われた。
なるほど。
誰かに連絡がいき、そこから発信ってことか。
納得しました。

今から身辺整理?って思うかもしれないが、高齢になったから死ぬんではなく、誰でもいつでも死はそこにある。
ちゃんと交差点を青で渡っていたのに、歩道を歩いていたのに、交通事故はおきるのです。
それは年寄りではなく、若者だから死なないの補償はない。
そう思ったのは、年とったからかな。
いい年だものぉ。
入院なんてしたことないし、風邪引くぐらいだし、多少扱いニクイ体ですけど全然。
あのころよりは疲れが取れないとか、この時間になると眠いとかはあるけど(笑)

ただ、一番の目標は母より先にいかないこと。
それだけ。
親は先に死ぬものだ。
スポンサーサイト

【イベント】関西コミティア参加してきました

2015秋関西コミティア
今更ですが、関西コミティアに参加してきました。
当日来ていただいた方、ありがとうございます。
何を間違ったのか、少年のジャンルに配置。
多分、多分、コード間違ったかもなのです。
そのせいか、素通りが多くて、いやいつも素通りなんだけどね。
合体で申し込んだ、カイアさんとやはり「絵」は強いねぇって言っておりました。
それでも売れるように目指そう、おお。

さて、ここからは前日入りした話。
2015京都駅
京都に途中下車の旅〜♪
朝の9時半に大阪到着。
在来線に乗っても大阪-京都ってだいたい30分で行ける距離。
チケットは大阪までだけど、途中下車してもOK。
(ただし、チケットは回収されるのでそれからの移動は自腹)
観光地だから京都駅にはコインロッカーわんさか。
時間潰すところはいくらでもある!

2015伏見稲荷(本殿)
伏見稲荷に行ってきました。
本殿にお参りをして、いざあの朱色の鳥居の場所へ。
すごいですね。
人がいっぱいです。
みんな、あの朱色の鳥居で写真を撮りまくり。
階段と踊り場と、小さな社がたくさん。

人がたくさんいて、分岐点もたくさんあったけど、時間はたくさんあるし自由だからと奥を目指す。
たいてい、願い石のところで引き返すことが多い。
全部回ると2時間かかる。
事前情報でわかっていたからスニーカーに、半袖+カーディガンに7分パンツにバックパックで行きました。
これは山だっていうのが後でわかる。

2015伏見稲荷(キリンレモン)
頂点目指す手前に最大級のお茶屋さんにて休憩。
懐かしいキリンレモンの瓶!
オレンジのバヤリースの瓶あり。
天気もよくてだいたいソフトクリームを食べている人多かった中、キリンレモン。
あー…炭酸が染みる(笑)

この茶屋は分岐点で、左右別れてのルートがある。
ぐるっと回って同じ場所に戻ってくるんだが、右から行く方が頂点に近い。
じゃ、近い方から行きますかとそこにむかってテクテク。
この辺からは入り口のように鳥居は立っていない。
小さな社が点在して、そこにろうそくとか、B5サイズの小さな鳥居が置いてあるくらい。

2015伏見稲荷(山頂)
山頂です。
ここで、無料のおみくじを引いたら、最悪だっただけど、
こっちのコースを選んでよかったと思った。
なぜなら、この先はかなりの急なくだり、途中ですれ違う人達がはぁはぁ言っていた。
山頂まで登った感じはあったけど、それほどでも?だった感じがする。

そして裏なので、木々が生い茂った中を歩きます。
半袖になるような気候だったけど、湿度が低かったからすごく爽やか。
社には必ず管理している人達がいます。
そこは休憩できるお茶屋さんになっている。

2015伏見稲荷(薬力社)
健康のための薬力社
ものすごく重要!(笑)
ここのポストカードのデザインよくて購入。

2015伏見稲荷(眼力社)
目の病気とかよくないとか。
後は、物事を見定める力の眼力社。
名刺サイズのお札を購入。
すると、カンカンって火打ち石を打ってくれました。
「おおおお〜っっ」と言ったら
「御利益がありますようになんです」
と店の人。
粋だ。

どっちもお茶が飲めたし、ここまで来る人はあんまりいないので、空いてて穴場だった。
ゆっくりお茶飲めばよかった。
懐かしいって思って炭酸のんじゃったのがよくなかったよ。
ゆるゆると坂と階段を上り、休憩したお茶屋に到着。
日陰の石垣のところに座って休憩して元来た道を引き返しました。

伏見稲荷は山全体がご神体。
ってことは山岳信仰なのかと納得。
あっちこっちに社があって、も納得。
残念ながら何も感じることはなかった。
ただ、又行きたいとは思いましたよ。

2015東海新幹線グリーン車
そうそう、往復新幹線使いましたが、帰りはグリーン車!
安上がりのぷらっとこだまなので、4時間の旅〜。
乗り物酔いしないし、どこでも寝られるタイプなので、半分は爆睡していました。

2015打ち上げ
一人打ち上げ。
つまみはいただきもの。
美味でした。

来年も関西コミティア行けるといいな〜。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。