FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベント】コミティア104終了

コミティア104に参加してきました。
5月のコミティアは毎年恒例の人外部。
入り口から入って右、それも手前の島だったので、いい位置でした。

いつも島のはしっこにみおさんがいてスタンプラリーを誘導。
そのおかげでたくさんの人が流れてくる。
スタンプくださいと時に、見てくれる方がいるので、
それにあやかり自分とこをアピール。
今回2スペで角。
右側から人の流れがくるのと、グッズって足を止めてじっくり見るから隣に迷惑がかからないようにと
角をグッズにしました。
おかげで止まってくれる方が多くて、珍しく私からスタンプラリーのカードを渡せた。
たまにはやります。
やりますよ〜。
うんうん、ほんとダメなんだよ。
どうぞ〜と言えないんだよ。
なんとなーく止まってくれた方には言えるんだけど…。
なんですが。
グッズ系はまったく違って「お手に取ってごらんくださ〜い」って言えるんだな。
この違いはなんだ!?(笑)

今回スペースが2倍ってこともあり、11種類平積みにしました。
表紙に全部内容を書きマスキングテープで貼り並べました。
そしたら予想外にグッズが置けない。
本当なら什器でぶら下げることをしようとしたけど、什器を手持ちするほど手に余裕はなく、
しかたなくなしで…色気も何もない、地味すぎる。
これと思った什器を見つけたのが近々過ぎたというのもあるんですけどね。
次回は宅急便使います。

人外部の恩恵もあり、かなりの数をはけさせることができました。
何人かの方から「(有料を含め)全部ください」もあり、ほんと感謝です。
私がいない時に、スタンプラリーでの景品交換でブックカバーを選択した方が、
「こういうの探していたんです。ありがとう」って離れた後にわざわざ戻ってきて言ってくださったとか!
景品交換なのに差し入れですってお菓子くれたりとか。
みおさんが振り返ってこれどうやって作るの?
すごいね〜って。
カイアさんなって速攻交換に来たし、O氏は買ってくれたし、
岬さんとかあつさんは使い勝手いいんです〜って感想言ってくれて。

前日ぎりぎりまで、チュニックのバイアスをまつりながら何してんだろう。
自分が何をしているのかわからなくって、創作意欲が薄れていたのに、
そう言われてしまうと、よーし次もがんばるって思えてしまう。
創作意欲充填完了。
単純だけど、その言葉って人を浮上させる。
感謝。
イベントありがとう。人外ありがとう。
それから、鱗火を好きだって言ってくれている方もありがとう。

しかし、スタンプラリーの時ちらしをせっせと配っていると売り子が「貰ってもゴミになるだけですよ?欲しいなら自分から取りにいきます。」と。
確かにそうだね。
「それはわかっている。でもねその隙間を狙っているから。知らない人の隙間にすっと入って、面白いって見つけてもらうんですよっ」
と答えておきました。
それで納得したのか、せっせと配ってくれました。
ありがとう。
作品を発表してるわけじゃない。
ツイッターでも銃弾爆撃のように宣伝しているわけでもない。
サークルカットもあれだけでは全部を伝えることができない。
気になって行っても、イメージ(勝手なる見てる側の妄想)じゃなかったとなるし、
必ずしもイベントに来る人は全員知っているわけでないから、
知らない人まず知って貰うには現場のチラシしかないでしょ。
まぁこれが自分の精一杯だな。
自分がベストなアピールが未だわからず…。

あっちらしだけど、ほしかったサークルさんがタイミング悪くてなくなっていた。
残念。
次回は一番で行く!(笑)

人外部のおかげで、時間が過ぎるのが早かった。
洋裁の技術はあくまで、自分のため。
ドールに自分が描いた服装にさせるためのもの。
だから、グッズで出るのは遠慮してた。
スタンプラリーの景品は、本来であれば人外と関係なくて、論外なのかなって思いながらも、
無料本が8割なのに同人誌あげますもできない。
お菓子っていう手もあるんだけど、他の方がやっているし、やっぱり能力&技術を発揮したいとやり始めたこと。
景品は一部だけってことだったから、景品でなくとも買ってくれた人もいました。
それはそれでありがたや〜。
私としてはこれを巻き餌にして、スタンプラリーをまわってくれて作品を見てくれればいいと思っていたが、
交換に集中してまったらしく、反省というよりは、数の限定にした方がいいのかと…。
一応金かかってるからとの意見もあり。
まぁ、そうね。
割引でもいいのかなぁ。
半値は生地代で足でちゃう物もあり。
次回は考えます。

今回初の試みでしたが次回もこのスタイルで参加しようと思います。
5月のみハンクラ作品出しますね。

3月のイベントでも助けられたけど、今回のイベントでもたくさんの人達に助けられました。
協力してくれた売り子。
人外部の仲間。
作品を手にしてくれた方々。
本当に感謝です。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。